刹那主義至上主義

こいついつも推敲してないな

日記9/19

久しぶりの日記です。

 

今日はほぼ1ヶ月ぶりにゴミ出し以外で外出し、駅前で美味い寿司を食べました。13巻ほどで2000円くらい払いました。1時間近く行列に並び、途中熱中症のような症状に苛まれ死にたかったですがとてもとても美味しかったです。

まず、ぼくはまぐろが基本的に苦手なのですが(何が美味いねんあれ、サーモンこそ至高やろ)、大トロが口に入れた瞬間に溶けて、生まれて初めてまぐろが美味いと思いました。そして穴子も衝撃で、柔らけぇ…口の中に溶けていくぅ。タコなんて噛めば噛む度に甘さが広がって天才。やっぱ寿司の最強はタコなんだよなぁ〜!!

こんなに美味しいものを食べて、その後抹茶カフェに行って、非日常を経験して、賢者タイムになった。そういうわけでハースを辞める決意をした。辞める宣言をしないと辞められないことはぼくにはわかりきっていたので文字として刻んだ。

ぼくは別にゲームのオタクじゃない。ゲームが好きなわけじゃない。ゲームするよりアニメ見る方が心の底から好きって言える。ただそれだけだとぼくの肩書きが何もないからゲームをしているだけに過ぎない。そういうわけで、変なprideを持ってしまっているのだけれど、それを壊さないことにはぼくの人生は始まらないのである。

程々に嗜むというトゥアレグ族の戦士のようなことはぼくにはできないので、ハースを辞めざるを得ないのだ。楽しいゲームだからちまちまやりたいしナーフ後環境楽しみだったけれど、絶対やり込んでしまうので縛るしかないのである。ほどほどに〜って言ってシャドバにどっぷり浸かった過去のぼくがそう言っている。

 

あんなに美味い寿司食ったんだし明日からは真面目に生きるんだって話でした。明日が楽しみですね。ぼくは今日出かけたせいで体調崩してダウンしているに一票入れたいと思います。

 

ニート歴長くなり過ぎてマジで人生もう一生働きたくないなぁってなってるのマズイと思っているのだけれど、思っているのだけれど、働きたくないのである。や、働くのが怖いって方がただしいですね。もはや恐怖症なので

 

g00d-by1←H地球$t0ne

 

ぼくはハースストーンをするために仕事を辞めたわけじゃないからハースストーンに人生左右される前に辞めるってだけの話。彼女できたからオタクやめるわwwwみたいなアレだと思ってください。あ、彼女はできてません、募集中です。募集いますが、無職無免許成人童貞恋愛経験∅実家在住BLオタクであるぼくの彼女になりたいと思う女の子は脳に欠陥を抱えていると思うのでお断りします。

 

ぼくの話よりもハースの話を聞きたい人ばかりだと思うので先にハースを三ヵ月くらいした感想を先に書いて、その後にぼくの話を書きます。

 

ハースストーンの感想

ハースストーンについて文句とかも書くけれど、辞める理由とは全くこれっぽっちも関係ないです。それだけは分かってな。ハースに罪はない。

まず、無課金でも戦うことは十分にできました。ナーフ後は秘策メイジが強いらしい?ので、秘策メイジを組むのもいいと思います。あとハンターも良いと思う!

レジェ達成構築に「カラザンいるやん」って言われたことがあるんですが、ぼくはメディヴの従者はなくてもいいと思うし、実際辞める寸前はタール・トリーパーに変更して回してましたがたまにアグロドルイドやマロパラから勝ちを拾えたので良いと思いました。ナーフ後は知りませんが、秘策食いが流行ると思うのでそういう意味でも?抜いても悪くないんじゃないかなって思います。なくても良き、というのがぼくの結論です。

f:id:egoisticat:20170919230304p:imagef:id:egoisticat:20170919230327p:image

これが使ってた最終リスト。ランク1チャレンジまでいけました。さっも言ったけど、メディヴの従者は居なくてもいいと思うのがぼくの持論。強いけれど波が大きいから自分が馴染む好きなカードにしてもいいと思う。

コバルトはドラゴンな点、虫害を殴れる点、秘策メイジの軽量級でちまちま削るのを補助する点、自身が狙われやすくてバフ先が残って削りにつながる点、等々強い点がとてもあるので誰か僕の代わりにレジェまで連れていってください。そのときはぼくの売名行為もお願いね♡

 

秘策メイジの話はこの辺にして、ハースへの独断と偏見の塊でできた文句を。このゲームはすごくいいゲームだと思うけれど、ハイランダープリだけはダメなんじゃないかなって思うんですよ。というのも——これはぼくのカードゲームの基本が遊戯王って言うのが原因かもしれないけれど——カードゲームにおける基本構造はテーマデッキとグッドスタッフの二極によって構成されるべきだと考えていて、ハイランダープリはこの二つの要素を両方兼ね備えてしまっているのが問題だと思うんですよ。

テーマデッキの特徴はテーマ内でのコンボ、つまりシナジー要素がデッキの強さになること。エレメンタルとかマーロックとか、あとはウォロの破棄要素とかが分かり易い例になるけれど、そのテーマ内のカードでデッキを編成するから強力な効果が生まれるってやつ。

対してグッドスタッフは単体性能の高さと事故要素のなさが強み。一枚一枚が試合に活躍する強さを持っているけれどカード間にシナジーがないから爆発的な瞬間火力が生み出せないこと。温厚なメガサウルスとかが分かり易い例だと思うけれど、グッドスタッフにはこれができない。けれど、どのタイミングでカードを使っても一定の強さを発揮するのがグッドスタッフの強みで、試合毎の波が少ない。

で、ハイランダープリの何がダメって、そのお互いのメリットを獲得していること。グッドスタッフなのにコンボ性を獲得していることがダメ。ハイランダーを要求するカードはデッキの安定性を破壊する代わりにその強力なカード効果になっていることが大前提である。けれど、今のハイランダープリはコンボデッキと化している。ラザ×DKのコンボは非常に強力である。さらに何が問題だったって、これはハースストーンというゲームのシステムのせいだけれど、レジェンドは強力すぎる故にデッキにそもそも1枚しか採用できないデメリットがあるのだけれど、これがハイランダーにおいては無意味なのである。それと、ハースストーンはデッキが30枚しかないのである。ハイランダーの制約が40枚カードゲームより軽い。そういうわけで、他のカードゲームよりもハイランダーが組みやすい状態にある。結論として、ぼくはハイランダーというデッキタイプがハースというルールそのものに相応しくない、存在してはいけないと思っている。レジェの枚数制限を弄って他のデッキを相対的に強化するなりしてあげないとテーマデッキ、グッドスタッフデッキを否定することになってしまう。ハイランダーしかいないカードゲームなんてぼくはクソゲーだと思う。引きたいカードを精一杯詰めて引きたくないカードの枚数を減らしたり考えるのがカードゲームじゃないんですか?引き運を補正するための耐久カードとドローソースを考えるのがカードゲームって言うのならぼくの肌には合わないなって。

あと、似たような観点になるけれど、ビックプリもダメだと思うぞ。バーンズ引いたら勝ち確定のデッキがそれなりに戦えてしまうのはやばいぞ。デッキ内の一枚のカードがデッキ自体や試合結果に影響を与えすぎるのはカードゲームの崩壊になりますよ。(クエストは絶対初手にくるという制約があるのでそれに含まない) 

 

あと、騎士団環境しか知らないぼくから見た「究極の侵蝕」について。

みんな大好き炎上案件。ぼくはベンの選択は正しいと思うよ。究極の侵蝕をナーフしたって今はそれでいいかもしれないけれど、今後似たような高コストパワーカードが出るたびに同じことが発生するだけだし。

「究極の侵蝕」というパワーカードが出たせいで、如何にこのカードを最大限効果を発揮させるかとみんな研究した結果、マナ加速という結論に至って、そのマナ加速という部門に「翡翠の開花」なるカードがあったせいで翡翠テーマが組み込まれてしまって、そしたら翡翠テーマが究極の侵蝕や虫害と相性が良かった。そうしてあの翡翠ドルイドが生まれたって考えると、このカードは面白いですよね。あんなにマナ加速をガン積みしてたら「翡翠ドルイドの究極の侵蝕添え」じゃなくて「究極の侵蝕の翡翠ドルイド添え」ですよね。

やっぱりこのカードのパワーが元凶だけれど、今後一切こういうカードをドルイドから生み出すことができないくらいなら練気を取り上げるわって判断は未来を見ているようで感心する。このカード、発動したターンに限って言えば「5装甲と5点」しか相手に干渉していないのが本当に面白いと思う。ぼくがナーフするなら5装甲を削って尖ったカードにしてると思います。

 

 

 

 ここからぼくのはなし

 

声優ラジオ聴くときに空いた手を誤魔化すために始めたハースがその時間以外にもするようになって、さらにそれが「楽しいから」じゃなくて「無課金ハースで勝つとちやほやされるかも」に変わってきた。だから辞める。もっと強者になってから辞めろや雑魚の分際でほざくなって言われたらどうしようもない。ぼくは現状でもかなり悦んでしまっているのだ。ちなみにポケモンもシャドバも同じ理由で辞めた。

ぼくはハースするためじゃなくて、自分の人生に色を付けていくために仕事を辞めたわけで、ぼくが付けたかった色は「ゲームで勝ってちやほやされる」じゃなかったという話。

ぼくが目指しているのは勝者じゃなく勇者ってわけ。

 

 

なんかかるーく書くだけのつもりだったのに思ったよりハイランダープリ批判が多くなってしまった。いつも言っているけれど、そのデッキを考えた人や使っている人が悪いんじゃなくて、そのデッキを作れるような環境を生んだ開発者に問題があるんやからな。目の前に武器があるなら使うのは当然のことでしょう。三千文字もあるのウケる~

秘策メイジの頭の整理

ランク戦30戦潜って翡翠ドルイドに一度しかマッチングしないくらいにアグロだらけな環境でランク停滞しているので頭の整理

 

てきとーに30分くらいで書いたのと推敲してないのとあくまで自分用なので参考にはならないと思います。言葉も自分でわかる程度に省略して書いています

 

(ぼくの)秘策メイジ相性表

翡翠ドルイド…開花開花みたいな動きで翡翠とマナ加速を同時にしてこない限り勝てる。

アグロドルイ…初手降参レベル

ハイランダープリースト…ぼくは五分だと思ってる、相手の手札とこっちの動きの噛み合えば勝てるし噛み合わないなら勝てない

ビックプリースト…絶対4t目にバーンズ出てくるから無理

エストメイジ…アイスブロック4枚とかこっちが相当事故らない限り勝てる

海賊ウォリア…アグドルほどではないけどまぁ無理

マロパラ…海賊ウォリアと同じくらい無理、キモいねん死んでくれ

普通のパラ…五分くらいはありそうじゃない?

シャーマン…無理無理キモい死ね。

ミルローグ…相手が勝手に事故って死ぬ以外に勝ち目がない。回られると無理

ハンター…バ獣に拘っていないタイプはシャーマンくらい無理

ウォーロック…初手ケレセス出てこなければ勝てる

 

マッチング喜び度

翡翠>=クエメ>>プリ>ウォロ>>>嬉しいと嫌の差>>>普通パラ>ビックプリ=ミルローグ>ハンター=シャーマン>>海賊ウォリア=マロパラ>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>アグドル

 

 

今使ってるやつ

マナワーム…体力3が偉い

フロストボルト…攻め札になるのが強い

メディヴの従者…こいつが強いか弱いのかわからない。5t目に秘策と一緒に出すのが強いんだけど、それ以外では弱いわけで、素出しもしたくないし3枚目のフロストボルトみたいな感覚のカード。フロストボルト3枚詰めるならこいつ抜くわって感じ。こいつほんまに強いかぁ?3〜4コスの強いカードと変えてもいい気がする

始原の秘紋…秘策が1コスで貼れるから3t目に秘策従者のコンボできるのは偉い。あと4コスメテオブリザード

魔法使いの弟子…すぐ死ぬせいでこいつの強さが分からなくなって、一度、他に強い2コスいるかなって調べたけどこいつが一番強かった

魔法学者…神

キリン・トアのメイジ…そもそも4/3が強すぎる

呪文相殺…終盤は貼るターン考える

鏡の住民…終末預言者には気をつけよう!

魔力なる知性…3ターン目にこいつを使うのは強い気がしないけど序盤こそたくさんの行動選択肢がほしいよな?使いこなしていない気がする

ファイアーボール…最近後攻ならハンドによってはキープしていい気がしてきた

コバルト・スケイルベイン…最強!最強!最強!プリーストへの希望、虫害にも強いしそもそも5/5あるのが十分。最近の推し

カバールの運び屋…4ターン目に出したい

炎の大地のポータル…つよいけど6コスで打ちたい

ボーンメア…最強!

 

正直、スタンダードな秘策メイジはコバルトの枠以外が同じだと思うのだけど、ぼくも従者以外はその通りだと思うんですよね。従者は強いけど本当にこいつでいいのかって疑問が出ている。上にも書いたけどフロストボルトの方がよっぽど器用で強い。

コバルトについては、これはぼくの一推しカードなんですけれど

・ドラゴン故にプリーストの龍炎ポーションを喰らわない

・虫害を踏み越えることができる(デッキのミニオン基本火力2はあるからバフ先も虫害を超えれる)

・5コス5/5という高ステータス

・誘導性能が高くバフ先を守りやすい=打点を入れやすい

・40魔素(ここめっちゃ大事)

と非常に強みがあってまさにこれだ!って思いました。実際にこいつのおかげで勝てる試合がたくさんある。ほんまみんな使ってみてほしい、そしてぼくを褒めてほしい。

 

最近抜いたカード

ヒドラ…強いけどコバルトを見つけてしまった

黒騎士…素出ししたくないのが強くない

 

気になるカード

エレメンタルウォーター…もしかして従者よりこいつでは?

タール・トリーパー…無理ゲーなアグロ組への対抗になるなら使いたい、従者あたり抜いて

ストーンヒルの守護者…ハンド減らさない挑発は偉そうじゃない?コバルトのバフ先になりそうなのが強そうって思ってるんだけどアグロへの対策にはならなそう。アグロへの多少の誤魔化しができるのならば、デッキの攻めパターンが増えて強そうじゃない?って思ってる。同じく入れるなら従者あたり抜いて?

強盗ログ…コバルト見つけるまでの候補だった。あらゆるプリーストの除去手段をすり抜けるのが偉いけど虫害を踏み越えることができない。

 

ナーフされてアグドルと海賊が死んでマロも戦隊長脆くなるしで多分追い風になると踏んでいるけどアグドルが死なないんだったら真面目に絶望します

 

 

 

ひとりごと

20までに下書き終わり

月末に完成させる。

10万文字くらいを目標。

完成しないならまじで自殺しようなの気持ちでやれ。文字で語れないなら身体で語れ

 

 

げーむはあんまりしない。親が家にいない時は集中するチャンスなので言語道断。

 

まじで時間がないことを自覚しようなそるにゃんくん。

 

 

レクリ信者のぼくのレクリ20話感想

 

 

先に言うけど、批判しか書いていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松原さんの浅はかさに悲しくなった。普通に考えて、あんな状況でパッと出のキャラがボス倒して大団円になることを読者が許すわけがないだろう?伏線を貼ってきたって言ってるけどなぁ松原、おまえの書いたラノベはラスボスが通り魔に刺されて退場して終わるような作品なんか?違うだろ?主人公が苦難した末にラスボスを倒す物語だろ?シリウスというアルタイルと対となるキャラを創造してめっちゃ強くてアルタイルぼこぼこにして終わり!なんてストーリーが許されるわけがないだろう?初めからいるキャラにアルタイルを倒させないと意味がないだろう?承認力の密度が足りんということはキャラの掘り下げが足りてないってことやろ?そんなキャラがラスボス倒せるわけないでしょ?

そしてぼくが一番キレたのはこのあとアルタイルが復活したこと。シリウスに飲み込まれた後、シリウスを飲み込み返してアルタイルが復活するのはいかんでしょ?人格が完成していないという欠点を持っていたなら「シリウスがアルタイルの意志を継ぐ」という展開にすべきでしょう?どーしてアルタイルが戻ってくるのか。

シリウスを出した意味って何?ただ創造主側の浅はかさを演出しただけにしかなっていない。「承認力の不足で失敗した」という話を書きたいんなら「ひかゆの変身が承認力の限界を超えて発動しなくなる」とかでよくないですか?ていうかぼくはアルタイルがひかゆに対してそれを匂わせる発言をしていたからその展開が来ると思っていましたよ。何さらっと能力で変身剥がしているんですか?何のためのひかゆの変身ですか?本当にただ「エロゲのキャラは戦えないから変身させて戦力にした」くらいの気持ちでひかゆを変身させたんですか?

本当に今週は切羽詰まりの繋ぎ繋ぎの展開にしか見えなくて悲しかった。まるで19話まで先に作ってしまっていて、20話どうする?と後から話を考えたかのような展開。ぼくとしてはアルタイルの問題の解決策ってセツナがキーになる時点で「セツナとつながりを持つソウタくんを物語に干渉させる」という手段を取らないとアルタイルの問題は解決しないと思うんですけど、ソウタくんを物語の外側の創造主sideに置いたのはなぜですか?その時点でアルタイルを止めるに相応しいキャラが存在しないですよね?そしたらアルタイルが勝利する展開にならざるを得ないですよね?ソウタくんが物語に絡まなかった以上「アルタイルが世界を破滅させた末にセツナを想い慟哭する」エンドで良いと思うんですけど、この展開は間違いなく世界が救われますよね?どうしてそう頑なにハッピーエンドに持って行きたがるかなぁ?アルドノア・ゼロもだけど無理矢理ハッピーエンドにしようとするからダメなんだよ。ぼくは今週のレクリを見た瞬間に「アセイラム姫がW主人公のどちらでもない突然現れたモブ貴族と結婚」を思い出しましたよ。物語の美しさを壊してまでハッピーエンドが欲しいか?

 

ぼくはガッカリだよ。なぁアルタイル、君もそう思うだろ?

 

ハースストーン始めて2ヶ月で無課金でレジェンド達成した秘策メイジが強すぎるwww

どうも、日頃はBLすこったりエロゲしたり女装したりと人生の汚点を増やすのが生き甲斐な無職無免許成人童貞恋愛経験零実家在住のそるにゃんです。なんと、今日はいつもと違ってハースストーンについて書いていこうと思います。内容としましてはタイトル通り、始めて2ヵ月の無課金プレイヤーがレジェンドに達成したって記事です。つまり今日は自慢報告会です、略して自慰ですね(こーゆー文章が要らないって言ってるんだよなあ……)(以下下ネタは言いません)

〇まずはデッキレシピから。構築名は「$ecre:†m@ge」(素直に秘策メイジって書こうな)

あ、ランク25からずっと最初からメイジ使ってました。

f:id:egoisticat:20170830145001p:image
マナワーム×2
フロストボルト×2
メディヴの従者×2
始原の秘紋×2
魔法使いの弟子×2
魔法学者×2
キリン・トアのメイジ×2
呪文相殺×2
鏡の住民×2
魔力なる知性×2
ファイアボール×2
カバ―ルのクリスタルの運び屋×2
黒騎士×1
ボーンメア×2
炎の大地のポータル×2
ガーディアン・メディヴ×1

f:id:egoisticat:20170830144836p:image

f:id:egoisticat:20170830144854p:image

 

〇立ち回りとか
デッキ分類的には、所謂「秘策メイジ」に分類されると思います。「テンポ」の定義についてはぼくは初心者なのでよくわからないのですがこのデッキの基本プランは「秘策で相手の動きを阻害している間に攻めてそのまま試合を逃げ切る」なので、顔へもどんどん狙っていきますし「テンポ」の定義に当てはまるかは怪しくないでしょうか。テンポメイジ警察に「これはテンポメイジじゃねえ!」って怒られるのが怖いので「秘策メイジ」ということにしておきます。
基本プランを「逃げ切る」と書きましたが、この構築は環境に割と多く存在する翡翠ドルイドを意識して組んでいます。現在環境にいる翡翠ドルイドは「究極の侵蝕」に非常に依存した構築となっていると思います。マナ加速用のカードをデッキの枠に精一杯割いていて、翡翠ドルイド側の基本プランは「マナ加速して減った手札を究極の侵蝕で補ってアド差で圧し潰す」だと思っています。そこに注目しました。翡翠ドルイドは究極の侵蝕が打てなかった場合、手札がないので弱いです。なので、呪文相殺で究極の侵蝕を止めることができれば勝てます。もちろん相手も練気等のカードを先に発動させることで対策することが可能ですが、それは言い換えれば練気を縛っているということでもあって、相手の立ち上がりを遅くしているわけです。そしてもう一つ「翡翠」という要素について。戦いの中で成長する主人公のような能力を持っているわけですが、前向きに捉えると序盤はちゃんと低いステータスをしています。なので翡翠が成長する前に試合を終わらせる必要があって、そういうわけで今回のデッキは「逃げ切る」をプランとしています。
理想的な流れとしては「ボーンメアやポータルでゴリゴリ押してそれを相手が返せなくて負け」です。秘策にも枚数の限りがあるのでこのデッキは長引けば長引くほど弱くなっていきます。序盤からマナワームやキリンくんでどんどん攻めて、中盤以降軽くなったカバ―ルくんやボーンメアで一気に詰めてファイアーボール等で無理矢理試合を終わらせることが多いです。盤面を処理することは結果的には火力に繋がってくるんだけど「自分は顔を狙って相手に盤面処理をさせる」方が普通に考えて絶対強いので積極的に顔を狙います。こちらには呪文による手札からの打点も存在するので顔を狙っているうちに気づけばリーサルを狙えたりします。「負けないように立ち回る」じゃなくて「勝ちにいく立ち回り」を心掛けています。

〇マリガンについて
 常に絶対キープするのはマナワームと魔法学者と魔法使いの弟子
 後攻時は絶対キープするのはキリン・トアのメイジ(秘策や魔法学者の有無に関わらずキープ。秘策があればこのとき秘策1枚もキープ)
 ドルイド戦はフロストボルトをキープ(アグロのヒナを処理するために)
後攻時キリン・トアのメイジのキープについてですけど、2ターン目の「コイン・トアの秘策」というムーブがとても強いからです。秘策を1枚も貼らない試合はないというかそんな試合は勝てないのでいつか使うし手札にいて腐ることはないでしょう。

 

 

〇構築のポイント
多分基本的な秘策メイジと違う点は「黒騎士」「ボーンメア」「メディヴ」になると思います。
 黒騎士はリッチキングや始祖ドレイク、翡翠の巨象やパラディンの挑発勢(死んだら武器装備させるやつやみんな3/3にするやつ)を問答無用に無双仕るのが強かった。たまたまパックで当てたから入れたカード。この枠は穴♂を開けるのが仕事なのでメテオとかで代用可能。ちなみにメテオは持ってません。
 ボーンメアはこのデッキの切り札。最強カード。何が強いってバフ先と自身が共に虫害(ドルイドの1/5の挑発のアレ)を突破できること。挑発付与はおまけだと思っているけど周りのミニオン蓋できるのは詰めに使えるし偉すぎる。

 メディヴは正直いらない。いや、強いカードなのだけどこのデッキに合わないかなと思います。メディヴの強いターンって9や10ターン目になるんですけど、このデッキは7のボーンメアやポータルに焦点を当てたいのでメディヴはちょっとタイミングが合わないんですよ。強いてメディヴの強いところを挙げるとしたら、カラザンで簡単に手に入るカードなのが利点ですかね、無課金に優しい。

メディヴがいらないならじゃあ何を入れるのが最適なのって話になるけれど、ヒドラや無貌の召喚師を持っているならそっちを採用してみたいですね。これらは虫害に勝ててボーンメアより軽いのが非常に偉いと思っている。メディヴとポータル1枚抜いて挿してみたい。まあ持っていないから脳内での話なんですけどね。
えーとつまり、ボーンメアは秘策メイジにピッタリの最強カード!ってことです。似たような秘策メイジ使っている人がいたらぜひボーンメアを試してほしい。

f:id:egoisticat:20170830145158p:image

↑無課金初心者に優しい40魔素のぶっ壊れ最強カード
以下、他に簡易的な環境的なメモ
 マナワーム:効果に惑わされて安易に呪文を使わずに考えてプレイすること、呪文使うよりミニオン出してボードアド取る方が基本強いんだから脳死で呪文を使わない。
 魔法使いの弟子:火力3がとても偉い、パラディンのヒロパ弄る1/3やシャーマンのドローしたり子分出産する0/3のトークンを殴り勝てるのが偉い。
 始原の秘紋でメテオやブリザードをピックしてアグロにワンチャンの勝利を狙うのは大いにアリ。

〇現環境における有利不利
 先述したように翡翠ドルイドについては有利を取れていると思っています。マナ加速よりも初速に力を入れた翡翠ドルイドが増えるようなら厳しくなるでしょう。
 逆にアグロドルイドは非常に不利で、向こうが事故ることを祈るしかありません。初手に練気からの1コス2枚展開蓮華のコンボをされるだけで半分負け確定しています。1コス2枚展開もファイアフライや海賊で容易なのでお手上げです。さらにヒドラやヒナ、動マナといった1ターン返せなければ負けに直結するカードもあるので本当に厳しいです。
 パラディンはデッキタイプに関わらず常に盤面を優先していました。パラディン戦においては、逃げ切るのではなく相手が息切れするのを狙ってもいいと思います。逆に1枚でも残してターンを返すと逆転が大いにあり得るので気をつけないといけません。ヒロパをうまく使ってこちらの息切れを予防するのも偉いと思います。
 シャーマンは苦手です。5コスの分身するやつ→進化で簡単に逆転してしまうので逃げ切るしかないのですが、向こうにはターン終了時にドローしたり子分を連れてくるミニオンがいるので盤面を無視することもできず、さらにこちらが有利に展開しても退化で一瞬で盤面処理されたりするので非常にプレイングが難しい気がします。呪文のコストが軽くて簡単に呪文相殺を乗り越えてくる点も含めてぼくは一番戦うのが嫌でした。
 海賊ウォリアもそこそこいた気がしますが、これはアグロドルイドのちょっと弱い版かなーくらいの気持ちで、これもまた相手が勝手に事故って死ぬことを祈りましょう。こちらから何かすることはありません。強いて言えば従者の効果が発揮されれば勝ちが硬くなるので狙おう、くらいでしょうか。
 プリーストは厳しいです。特にハイランダーですが、あちらにはたくさんの対処カードがあるのでそれを全て使い切らせないといけません。こちらがガンガンに回って強い盤面を何度も作る必要があります。なので相手の動きを阻害するのではなく、こちらが最高の動きをすることを心掛けていました。呪文相殺は詰めるために後半に取っておいて、序盤は鏡で打点の水増しを狙ってました。あ、毎ターン「わぁっ…」するのはやめてください。
 あと環境にちょくちょくいたのはクエストメイジでしょうか。マッチするだけでストレスが溜まりました。なぜならぼくはウェイゲートもアントニダスも持っていないからです。自慢しないでください。なんならメテオもアイスブロックも持っていないんですよ、本当にストレスです。はっきり言って、ウェイなのかOTKなのかをはっきりしてほしいです、ぼくはクエストメイジのことをイキリオタクだと思っています。4連続アイスブロックされた試合以外はクエストメイジに勝ちましたし、ね。


ここまででデッキについてのことは終わりです。デッキについて何か質問があればここからはハースストーンというゲームについての感想というか意見みたいなものを書きます。あんまりいいことを書いたりしないかもだから読みたくない人は読まなくていいです。「ハースの現環境はクソじゃない、楽しい」「無課金でも楽しい」みたいなことを書いてます。

〇ハースストーンの環境の話
現在、巷では「乳首ストーン」って言われたりしています。ドルイドの使用率が高すぎるって話ですね。翡翠ドルイドとそのメタのアグロドルイドとそのメタの他勢力で環境が循環していて、循環の二つの部分をドルイドが担っているのが原因だと思うんですけど、ぼくはこれを問題だとはまったく思いません。翡翠とアグロは全然違うデッキだし、何ならランク戦で一番マッチングしたのはきっとマロパラだと思うし、ていうかそんなことよりもローグがミルローグしかいないことやウォリアが海賊しかいないことの方が問題にすべきだと思います。むしろドルイドは選択肢が広いことは褒めることではないでしょうか。
別のゲームを話に出しますけど、ぼくは6世代のポケモンを経験しているんですけど(ルカリオ1メガ最終31位やアブソル1メガ2000達成くらいの結果は残してるからそれなりに発言権はあるはず)、6世代のポケモンって極端にガルーラってポケモンが使用されていたんです。「ガルーラに不利対面はない」だとか「ガルーラを使わないやつは甘え」とか言われてたりするくらいに多かったです。でもそんなガルーラには多様性があったんです。見た目は同じガルーラでも、「最速猫捨て身」「203or209グロ捨て身」「秘密不意」「両刀」「投げ」「AB」とたくさんのガルーラが環境に存在したんですよ。ぼくはこれを環境の凍結だとは思わなかった。なんて面白いゲームなんだって思った。今のハースだって同じじゃないでしょうか、強いドルイドのデッキがあって、そんな環境でどうやって自分の好きな構築を通していくか、それを考えることこそが面白いんじゃないでしょうか。ドルイドゲーだからってそこで諦めて投げるのはどうなんでしょうか、ぼくはそんな甘えた気持ちの批判でハースストーンというゲームの株を下げてほしくないと思います。事実ぼくはクエストメイジでもないメイジでレジェンドまでは達成しているのだから、だれでもレジェンドは行けると思います。上位勢にはぼくと似たような秘策メイジを使っている方もいるみたいで、本当にどんなリーダーにもそれなりに可能性はあると思います。

〇無課金でハースストーン
ハースストーンは課金ゲーってよくネットで見るんですけど、全然そんなことはないです。ぼくは無課金で2ヵ月でレジェンドになりました。課金しないと勝てないなんてことはないです。世界1位取ってから言えって言われてしまうとちょっと困ったなぁって感じですけど。

でも600円課金して歓迎のアレを買うくらいはいいんじゃないですかね、ぼくは無課金という肩書きが大好きなので課金しないんですけど。
ちなみにというか、ぼくのハースストーンの初期の頃の話をしますと、ぼくはパックを全然剥かずにまずカラザン解放に専念しました。このカラザンで手に入るカードが強くて、このデッキに入っているメディヴをはじめ、モローズや公爵といったカードはどこでも使えてて、ぼくのメイジ以外のクエスト消化用のデッキなんてほとんどが公爵とクトゥーンが切り札です。クトゥーンは1パック剥くだけでクトゥーンと2コスの良いステータスしたカードを貰えるので初心者的にはとても嬉しいです。カジュアルなら公爵で強いレジェ引いてクトゥーンで6点敵に振りまくだけで勝てることもあります。そんなわけでぼくは、初心者にはまずカラザン解放をオススメします。
ぼくのランク戦で使ってたデッキの話をすると、いや、ずっとメイジを使っていたんですけど、ランク15くらいまでは公爵やモローズは入っていたしランク10までDKジェイナ使ったし、さらに言うとランク5になるまで秘紋を持っていなかった。ランク5まで虫害を焼き払えないクソザコフレイムストライク使っていたんですよ。そんなわけで、カードがない人にはないなりに楽しくプレイしていました。今はクエストメイジが使いたいですね。時間湾曲使って「チクタクMagicaるんるん アイドルタイムすたーと!」ってユメ叫びたい。ていうかメイジ以外も使いたくて、ぼくは黒須あろまちゃんが好きなのでウォーロックを使いたいです。

f:id:egoisticat:20170830145718j:image

↑時間湾曲(スーパーアイドルタイム)な夢川ゆい(画像はサイリウムタイムなんだよなぁ……)

f:id:egoisticat:20170830145846j:image

↑ぼくの好きな黒須あろまちゃん(右)
まあ、ヒドラを作る魔素さえないので当分はデッキなんて組めないんですけど。でもこのことに不満はないです。子供の頃、遊戯王をしていたんですけど、欲しいカードが高くて持っていなくて他のコンボを探したりして別のカードを使って楽しんでました。そういうのも楽しいじゃないですか、全力で未完成~って感じ。

〇さいごに
メイジってテーマ、すごくかっこよくないですか?テーマカラーが青なのに赤い炎を使うんですよ?普段青ばかりなのに突然赤いirodoriを纏う雨宮天さんみたいじゃないですか、雨宮天さん大好きなのでメイジに一目惚れしました。あ、ぼくはTrySailでは夏川椎菜さんが好きです(大胆な告白は女の子の特権)。何だって〜!?最新シングル「フワリ、コロリ、カラン、コロン」8月30日に発売(本日発売)だって〜!?へえ~そうなんだ~!?

(*>△<)<CD購入は必要不可欠でしょ!(これが言いたかっただけ) 

f:id:egoisticat:20170830150429p:image

 

あ、ハースストーンをしてる友達が欲しい(2人しかいない)から是非友達になってください!!!ツイッターでもなんでもいいんで連絡ください!!!ぼくはかk…友達がほしい!!!

 

終わりだよ〜

ほはよーごらいまぁあああああふ!

えっちなシチュエーションボイスを聴くのがとても好きなのだけれど、作品内で歳下の女の子にリードされている自分と現実世界でシコシコしてる自分との乖離に気づいてしまって射精する前に賢者タイムが発動してしまったので自殺したいです。

やはり、シコシコしない催眠オナニーが最強なんやなぁって改めて思いましたね。

 

ちょうど聴いてた作品の女の子の名前がシーナちゃんで、ぼくの好きな夏川椎菜ちゃんと名前が重なるせいでシコりみが深かった。なるほど、ぼくは恋愛経験0なのでわからないけれど、元カノの名前と今カノの名前が同じで二人とも一人称が「わたし」じゃなくて名前呼びだった場合、こーゆーシコりみが発生するんですね、勉強になります。

いやしかし、歳下の女の子にリードされるシチュまで良きとか言ってるの、ぼく好きなシチュが多すぎないか?(それでも常にリードされる側な模様