刹那主義至上主義

こいついつも推敲してないな

作業しているときに思うこと

おなにーしたい

 

 

 

これに尽きるんですよ。エロ同人を描いてるわけでも官能小説を描いてるわけでもないのだけれど、全く性に関する描写はないのだけれど、とにかくおなにーしたくなる。

いつもぼくが「彼女に作業サボらないように監視してほしい」って言ってるのはこーゆーこと。あ、ヌいてほしいって意味ではなくて、本当に監視してほしいって意味で。もちろん一日サボらずに作業できたらご褒美はほしいわけなのだけれど。一日頑張ったら寝る前はエロゲしゅる!なんて意気込んで取り掛かっても、エロゲなんてその気になったら作業している手を止めていつでもできてしまうから報酬としての意味を獲得していない。だから”彼女”がほしい(それ性欲処理係やんかーい)

 

今日もうすでに4回くらいおなにーしたすぎて深呼吸してお茶飲んで気持ちをほぐしているのだけれど、むしろ4回も耐えてるのを褒めてほしい。今が5回目くらい?に該当していて、深呼吸してお茶飲んでもふんが〜だったからこうやってブログに殴って誤魔化してる。

と言うわけで、おなにーしたいって話でした。

 

この記事10分もかからずに脊椎反射で本当に手を止めずにひたすらスラスラ書いてるんですけど、500文字あってぼくの執筆1時間くらいに該当するんですよ、おかしいなぁ