刹那主義至上主義

こいついつも推敲してないな

キンプリMRSへ参戦した男の感想

ばーーーにーーーんーーー!!!

というわけで、キンプリMRS、行ってきたぜ!!最高に熱いプリズムショーだったぜ!!

どうも、毎週畠中祐の今、向かってますを聴いている男のオタクは果たしてこのライブ会場にぼく以外に存在するのだろうか、いないに決まっている!と謎の威張りを纏ってライブに参加してきたそるにゃんです。好きなキャラはヒロ様とタイガ、あとアレクとカヅキです。いや、みんな好きだけれどね!ジョージも好きだジョイ!

面倒だから曲名は適当に書いちゃうよ、これもまた一つのフリーダムってことにしてくれ(カヅキさんに怒られそう)

ライブが始まって、ぼーいみーつがーる!オーバーザサンシャインかどっちかで始まりそうだな~って思っていたから予想はまま的中。この気分が良い感じにじわじわ高まってくる感じ、すごく良き。
ソロ曲になって先発にゼウス!暴れ狂う内田雄馬は何ていうか少し宮野真守みたいだと思いました。内田雄馬くんは焼き内を聴いてるくらいには好きなので、感動しましたね。
次、ももいろマックス!可愛い~~~~~(語彙力アサヒ)まじでかわいい、本当に長塚くんは男か?ぼくには女にしか見えなかったぞ?(そもそもレオきゅんも男なんだよなあ)。可愛い以外に言葉が出てこない。脚の色違いソックス、シコいとか、そういうことを言えば良きなのですかね?
次、ミナトさんのホームスイートホーム。ママ~!って感じで曲に吸い込まれていった。水色カラーだし、会場内の空気がすごく綺麗になった。さっきまでの色欲を全て穏やかに包み込んでくれる、そんな安心感があった。(なお後の五十嵐さんのトーク
その後はチャラエモナイ!八代拓のキャラ声での歌唱は天才だと思うので、ね。眼鏡が良きでチャラいオタク感がまじでカケルそのものだった。
からのレジェンドワールド、大本命畠中祐。圧倒的な歌唱力。まじで惚れ直した。これから一生おまえの推しで生きるわって誓った。
その次、アゲハ蝶。タイガで心がブチ高まっていたぼくはセクシーなイケメン姿で登場した斉藤壮馬に度肝を抜かれた。申し訳ないがイケメンが着物を来て腕を見せて舞うのは殺意が高すぎるのでえぬじー。斉藤壮馬のオタクは死んでそう。別にまあ嫌いじゃないよってくらいのぼくが死にかけているのだから。花吹雪舞うのはまじでズルだゾ。
すいーとすいーとすいーと。シンくんでしたね。まんまシンくん。なんだか元気貰えるって感覚なんですよ。
その後ですよ、現れたんですよ、ヤツがね……。そう、大和アレクサンダーくんがね!EZ DO DANCE が始まって、武内駿輔やべえよやべえよ、イケメンだよやべえよってなるんですよ。まず、ダンスが完璧なんですよ。アニメの振りと同じなんですよ、やべえよやべえよ。そしてあのエロいエロい裏声、やべえよやべえよ。そして会場で炎の演出までして、会場は盛り上がりを見せた。そして、誰しもが期待した通り、タイガはやってきた。アレクVSタイガがライブ会場で再び勃発したんですよ。これがぼくの思うこのライブでの最強最高の瞬間だった。アレクとタイガが睨みあいながら歌って、お互いにバトルするんですよ。でも、ぼくの中ではラスサビでタイガが「朝焼けに口づけてる」のアレンジで会場がきゃああああって叫び散らしていたので、今回はタイガの勝ちだと思ます。や、ぼくも死んできゃああああって叫んでた。
サプライズは終わらない……ここで現れる刺客、ジョージ!!!愛の惑星ぼーん!って感じで現れて、まあ会場はブチ盛り上がってる中での更なるサプライズで、盛り上がり続けるよな?小林くん、顔イケメンでビビるわ。強いて言うなら、杉田がセンターステージで踊って、小林くんはメインステージで歌ってほしかったな?そんなことされたらぼく心臓発作起こして死んでいるけれど
なんとまだサプライズは終わらない……まだ足りないよね?おーけっきーぽんっげーむ!てわけで恋のロイヤルストレートフラッシュ!!!ストレートに死んだ。いやこれは読めないよな。誰も読めないよな。ザシャッフルが来るの誰が読めたよ。
この後オバレの汚いトーク映像が入った。まえぬ~~~結婚してくれ~~~。
そしてタイガが一人でネオストリートストリームを歌って、もう言わなくてもわかると思うけれど、ぼくは死んだ。カヅキ先輩に託されてステージに立ったタイガが「でもそれはさみしい!(カヅキ先輩と歌いたい!)」って言うんですよ。は?ぼくの想像を超越したタイガがそこにいた。まじで、そんなの萌え死ぬって話ですよ。さらに、歌うの上手いしかっこいいから、もう語彙力アサヒなんですよ。無理。畠中祐のあの、動きのバン!バン!って感じのダンスがすごい好き。しんどい。
このあとミナトくんが一人でエッセンス歌って、テーブルとか用意してて草。五十嵐さんの魂が少しずつミナトくんに憑依しているような気がした。それはそれで良きだった。
ユウくんソロ!やっぱ歌うめえよおめえはって二回目の実感を噛み締めていた。
そして訪れる問題のシーン、異体同心リスペクト。まじで恋。そこにいるのはユキ様とレオきゅんで、そして二人の恋がそこに咲いていた。はあ~~~~ってなっていた。ラブコメの波動を飛ばさないでくれ。
ずっと死亡コンボを食らっているぼくを許すことなく、最後のデュオ曲であるバカンス。タオルまで振り回して、まじで会場を殺しきるテンションの高さだった。おまえら二人ともキャラが憑依しすぎていてやべえんだよ。おまえらシンくんとカケルにしか見えないんだよ。やめてくれよもうこれ以上殺さないでくれよ。
そしてハートセッション!最後のみんなのレディースパーキング、みんな強すぎて死んだ。バーニン!できゃあああああってなってたのにどっかのアホが「ジュエルスピンクロス」なんていう一撃必殺を使うもんだから窒息死。あと、ユウくんのじたばたやばない?可愛いすぎる、真似するみんなも可愛いんだよ!
んでここでトークだったかな(詳しい順番覚えてねえわ)。まじで五十嵐さんが最高すぎて腹抱えて笑った。笑いのセンスしかねえな。あと、個人的にはユキ様のわんばんこーーー!も好き。カズオコール、あれは観客が天才すぎでは?お家に帰るまでがプリズムショーはこれからも名言にしてほしい。
最後にドラブ。楽しかった。とにかく楽しかった。見ていて気持ちよいよな。観客もコール慣れしてる曲だし、ほんと最高だよな。
アンコールでオーバーザサンシャイン。出だしのダンス~~~~~~~!!!終わりという寂しさを感じながら、それでも、何よりも、ありがとうの気持ちを伝えたくて仕方なかった。ありがとう、いや、好きだよって想いを彼らに届けたかった。ぼくはこんなに幸せな気持ちになったよって彼らに届けたい一心でこの曲を終えた。

きっと書きそびれている魅力シーンもあるけれど、とにかく、ぼくは幸せだったのだ。あの日幕張はプリズムの煌きに包まれて伝説が生まれたんだ。あの日の煌きを一生忘れたくねえし、もう一度、一度どころか何度も、これからもプリズムショーは在り続けてほしい。それはもちろん、ぼくたちファンの心で生き続けていくのだけれど、こうやってまた、みんなでプリズムの煌きを作る場所っていうのは欲しいと思う。だから、ぜひ今度は、タイガが寂しいって言ってるんだから、みんながこれからってニュアンスの締めの挨拶をしているのだから、これからもキンプリコンテンツはつづいてほしいとぼくは思う。

ほんとに書くタイミング忘れてたけれど、まじで全員ダンスのクオリティ良くない?原作完全再現のアレクとシンくん以外にもさ