刹那主義至上主義

こいついつも推敲してないな

一日執筆しない日を過ごしちゃうと(二日空けたのだけれど)執筆するのがすごくしんどいのだ。なぜって、この執筆は自己満足でしかないからだ。この小説が完成したとして、お金になるわけでもなければ絶賛される内容でもない。や、ぼくは面白いと思って書いているのだけれど、それが読んでもらって面白いという感想になるかと言われたら違う話なのだ。そういうわけで、すこーしでも日が空いてしまうと「これを書いて何になるんだろう」いや、「ぼくがこれを書く意味とは」とか「全く面白くないのでは」みたいな言葉が頭を埋め尽くしてしまうのです。だから、一日パソコンの前で呻いてようやく「でも書かなきゃ。だってこれはぼくのやりたかったことなのだから」という状態に戻る。

というわけで、今日はほとんど筆が進んでないという話でした。

ほんとどうしてこんなの書いているのだろうね?創作している人が化け物に見えて仕方ない。あの人たちはぼくと同じような気持ちにならないのだろうか。自分の作品より書店に並んでる作品のが面白いというか、まず、そもそも、言葉の羅列それ自体が美しくて、自分の紡ぐ言葉の羅列が如何に稚拙で汚いかって思うのです。まず、比べるラインにすらおまえは立ってねえって話だな?頑張って書きます。