刹那主義至上主義

こいついつも推敲してないな

サンリオ男子なので言います「サンリオ男子を見てください」

 はいどーも、高校生の頃に教室でキティちゃんのひざ掛けを使っていたサンリオ男子のそるにゃんでーす。時代がぼくに追いついてきましたね。
 今回は、女装の話でも創作の話でもゲームの話でもなくて、アニメの話です。紹介するアニメはタイトル通り、†サンリオ男子†です。まだ見ていない人は、これを機に見てください。あんまりネタバレしないようにこのアニメのなにがすごいのかを紹介するから、頼むから見てくれ。ちょっとしたネタバレも嫌っていうのなら、今すぐブラウザバックして見てくれ。そういうわけで、よろしく。

   「俺」が「俺たち」になる物語

 サンリオ男子とは、どんなアニメなのか、簡単に言うと、
 平凡オブ平凡な日常を送っていた長谷川康太くんが、同じサンリオが好きな男の子と出会い、自分をさらけ出してキラキラした高校生活を送っていく!
 って感じのアニメ。まあ、パッとあらすじ聞いた感じだと、ただの腐向けアニメに聞こえるかもしれないけれど、そういうのじゃなくて、マジで偏見を持たずに男のオタクも見てほしい。ぼくは胸を張ってそう言いたい。
 このアニメのなにが良いのかってね、メッセージがまっすぐに伝わってくるところ。これに尽きる。1話を見て、ぼくは感動した。「自分に素直に生きろ」ってメッセージが、これでもかっていうくらい全力でぼくの心臓にぶん殴ってくるんですよ。他のアニメの言葉を出して申し訳ないんだけれど、マジで「俺たちが目指すのは勝者じゃなく勇者だろ」って感じなんですよ。
 みんなね、誰しも人には言えない恥ずかしい気持ちってあると思うんですよ。今となってはぼくは気にせずに公言してるけれど、男がBL好きってなんか世間的に抵抗あるじゃないですか。そんな感じで、誰しも何か「世間とズレてる拘り」みたいなものってあると思うんですよ。そういうことをね、「気にせずに生きてみろ、そうすればきっと、誰かが受け入れてくれるから。受け入れてくれる人に出逢えるから」ってこのアニメは言ってくれるんですよ。それがね、本当にこのアニメの魅力なんですよ。このアニメにはプリズムの煌きが溢れてる。
 その魅力を後押しするっていうか、支えているのが、登場人物全員が良い人ってところ。長谷川くんの友達も、長谷川くんに「やめときなよー」って否定の気持ちを伝えつつ、なんだかんだで長谷川くんに付き添ってあげていたり、心の底から悪人って人がいないんですよ。今はまだ、お互いの気持ちをはっきり言えてないから心の距離があるだけで、きっと物語の最後にはみんなが理解し合った上での適切な距離になると思うんですよ。そういうのもね、楽しみ。
 あとはねー、これは人によるけれど、ギャグのテンポが程よい感じで好き。これはまーまー人それぞれ賛否両論あるから、語るのはほどほどにしておく。

 そういうわけで、とにかく、サンリオ男子を見てくれ!!!

 いやまじでな、ぼくも、なんでキティちゃんの毛布やねんって男にからかわれた過去あるしなー。いや、まあ、ぼくのソレは不純な動機というか、好きな女の子との会話のきっかけがほしかったってだけなんやけど……うん、ぼくが真面目にサンリオ男子やと思ってた人がいたら、ごめんね?いや、話題のきっかけにはなったけど、ぼくの好きな女の子には彼氏がおったし、ぼくの恋は実ってないし、みんな、赦してくれるやろ……?あと、ホンマはサンリオのことあんまり知らへんのやけど、ほんまに許してくれや……ごめんって。
 f:id:egoisticat:20180114221453j:image